SAVE the BLUEプロジェクトとは

沖縄には世界一のサンゴ礁があると言われています。

温暖化の原因となる二酸化炭素を吸収し、海の生物の4分の1が暮らしているといわれるサンゴ礁。それは、そこに棲む生き物たちにとって無くてはならない存在であり、また、私たちにとっても豊かな海の恵みはかけがえのない大切な宝物であるはずです。

ですが、沖縄本島付近の海のサンゴ礁は、温暖化による白化現象やオニヒトデ等が主な原因で10年前に比べ10分の1に減少してしまいました。このような状況が、沖縄の海も含めて地球規模で起こっています。

和漢植物という、自然の恵みを受けてきた雪肌精だから。ずっと美しさを見つめてきた雪肌精だから。

未来の美しい自然のために、今、できることをしていきたいと考え、コーセーは、代表ブランドの『雪肌精』を通じて「SAVE the BLUE」 プロジェクトに取り組み、サンゴ礁を守り、その大切さを知る輪を広げています。

 

「SAVE the BLUE」プロジェクトは 10 年目に!

株式会社コーセー(代表取締役社長:小林 一俊 本社:東京都中央区)は、自然保護活動の一環として、グローバルブランド『雪肌精』を通じ、キャンペーン期間の売上の一部を沖縄のサンゴ育成活動などに寄付するとともに、海の環境保全と啓発活動に取り組む「SAVE the BLUE」プロジェクトを 2009年より行っています。

 

10年目を迎える今年は、2018 7 1 日から 8 31 日までを夏のキャンペーン期間として予定しています。この間に お客さまにご購入頂いた『雪肌精』シリーズの対象商品の容器の底面積分の合計に相当する面積のサンゴ植え付け費用として沖縄県の地域団体へ寄付します。

『雪肌精』 ブランドサイト

https://www.kose.co.jp/sekkisei/

 

『雪肌精』 SAVE the BLUE

http://www.savetheblue.sekkisei.com/

 

(株)コーセー 企業情報 CSR 「SAVE the BLUE プロジェクト

 

http://www.kose.co.jp/company/ja/csr/special1/